カートを見る
da Luciano ロゴ

ダ ルチアーノについて

日本全国の美味しい素材を
ジェラートに

北は北海道・南は沖縄。
全国各地の生産者が愛情をこめて育てた、果物、野菜、植物、穀物などの素材をイタリアの伝統的手法とダ ルチアーノ独自のレシピで、ジェラートに適したフレーバーに仕上げていきます。
季節限定メニューでは旬の食材を使った珍しいジェラートを楽しんでいただけます。

※ジェラートのメニューには、季節により製造していないものもございますので、ご注意ください。

大人気の地場産素材を使った限定メニューも多数

八王子市小比企の磯沼牧場で作られている「みるくの黄金律」、
日野市百草の由木農場の「ブルーベリーシャーベット」、
江戸東京野菜に認定された「八王子しょうが」「内藤カボチャ」「府中御用ウリ」など 近隣農家さんが大切に育てた牛乳や、果物、野菜もジェラートになります。
収穫時期や収穫量が限られるので、農家さんの直売所だけで売り切れてしまうことも!
ダ ルチアーノの店頭で見かけた際にはぜひ味わってみてください。

VISIONジェラートの多様性で人々を幸せに

ジェラートは魔法のデザート。食用の素材であればなんでもジェラートに変えることが出来てしまう、そんな多様性を持っています。素材を活かした「ダ ルチアーノ」のイタリアンジェラートのこだわりは【お客様にとって最高の一品を作る】です。

ジェラートの魔法は人を笑顔にするものだと私たちは考えます。怒りながら、泣きながらジェラートを食べる人はいません。一口、二口とジェラートを食べているうちに、怒っていた人も泣いていた人も笑顔になる・・・ そして、甘いものが苦手な人も色々な事情で食べられない食材がある人も、一人一人の立場や気持ちに寄り添って・・・その人にとって最高のジェラートをお作りする、そんな思いをもって日々ジェラートを作り続けています。

HISTORYダ ルアチーノの歴史

1980年代半ば、イタリアのアイスクリーム専門機械メーカーの営業マンだった「ダルアチーノ」創業者・植木耕太。イタリア人ジェラート職人であるルチアーノ・チェキネロ氏と出会いは80年代前半。
当時、イタリア大使館から協力を依頼され、都内有名百貨店で開催されたイベントに出展。イタリア人ジェラート職人・デモンストレーターであるルチアーノ・チェキネロ氏を招聘し、日本で初めて「本格的なイタリアンジェラート」を紹介する。

ルチアーノ氏と共にまだ日本で知名度のなかった「イタリアンジェラート」の普及に努める。日本全国で講習会やイタリアンジェラート店の開店指導を行い50店以上の立ち上げを手がける。
その傍ら、ルチアーノ氏直伝の「食用の素材であれば、何でもジェラートにできる」といった、素材の味を生かした伝統的イタリアンジェラートに魅せられ、自らもジェラートマスターに。また本場ヨーロッパでのレシピをもとに日本人にあった素材を楽しむレシピ作成を行う為、イタリアで「ジェラート ユニバーシティー マスターコース」取得。伝統的な製法を学ぶ。

1999年東京日野市に「ダ ルチアーノ」1号店をオープン。その後、東京八王子市に本店を移転。店名の意味は師の名を冠した“ルチアーノの店” “ルチアーノの家”、というイタリア語。
店舗運営のほか、卸売り・OEM事業も積極的に行い、コンビニ、有名カフェチェーンやレストラン、アパレルブランド運営のカフェ、デザート店からの創作レシピ依頼、大学と産学連携したレシピ開発なども行っています。

お問い合わせ

メール お問い合わせフォーム

電話番号

042-670-1468 (平日10:00~17:00)

店舗営業時間11:00~18:00 定休日 10月~2月水曜日(3月~9月無休)